コラム

空き家問題 どうしていいかわからない。

空き家問題 何が問題なのでしょうか?

例えば、両親や親戚が亡くなった後の実家
相続予定、または相続した人にとって、
そこに住む可能性が多くないようです。
40-60代で相続する人はお子さんや勤務先の関係で
今の居住地から遠い場所に移動することは簡単ではありません。

自分が住まない不動産であれば、
空き家に対する執着も薄いかもしれません。


売るか貸すか?
それとも子供が家を建てる時の敷地にならないか?
少しでも安く直して貸すには?
期限付きで入居者が出て行ってくれないだろうか?
など、いろいろ考えるでしょう。

さらに借地であれば
建物が未登記だけど大丈夫なの?
相続や名義変更はどうしたらいいの?
古いマンションを相続してそのまま持ち続けて大丈夫?
借地のマンションを相続したけどどうしたら?

こういう内容になりますと
宅建士試験にはあまり出てきそうもない
不動産実務を経験していないとわかりにくいかと思います。
いろんな人に聞いても意見が分かれるのです。

その結果
「どうしていいかわからない。」
ということで空き家問題がたびたび取り上げられるのではないでしょうか?
私はたまたま長く不動産の最前線におりましたので
この分野ではお客様にとって現櫃的なアドバイスができると思います。
お悩みが少しでも減りますようお手伝いをさせて頂きます。

dav

行政書士えのもと事務所をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。