コラム

相続放棄で気をつけたいこと

相続放棄で気をつけたいこととはなんでしょう。

被相続人(つまり死んだ人)の財産よりも借金が大きい場合もあるでしょう。
奥さんや子供が借金を背負わなければならないのでしょうか?
そんなことはありません。
相続放棄という手続きをすれば、借金を背負わなくて済むのです。
しかしながら、財産だけ相続して借金を負わないというわけにはいきません。
相続放棄はプラスの財産もマイナスの借金も同時に放棄するということなのです。
夫が亡くなって妻と子供が相続放棄すると、夫に兄弟姉妹や両親がいる場合は
彼らが相続人になってしまう可能性があります。
自分だけ逃れて黙っていると相手に迷惑をかけてしまいます。
相続放棄する場合は、そのような相手に事情を話しておかないとトラブルになってしまいます。
気をつけた方がよいですね。


行政書士えのもと事務所をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。