コラム

マッチングアプリとぼったくり

“1杯3000円の酒”を最大80杯注文させ…ぼったくりか 男女16人を一斉摘発 手口にマッチングアプリ 警視庁(TBS NEWS DIG Powered by JNN) – Yahoo!ニュース
私はこのニュースを聞いて、現代を象徴するような事件だと感じました。

少し前に、闇バイトを雇って、高齢者の自宅をを強盗するという犯罪が頻繁に起きたことがありました。
外国にいた首謀者達が日本に護送されて逮捕されたのは記憶に新しいと思います。

オレオレ詐欺に始まり、闇バイトで強盗。

今度はマッチングアプリで素人を装い、知り合いのバーに連れて行く。
中でゲームと称し沢山飲ませ、法外な請求をする。
女性は自分も被害者のフリをする。
コンビニのATMで金を降ろさせたりしています。

マッチングアプリというツールを使うのは匿名性でしょう。
実際には男が女に成りすましてラインをしていたそうです。

カードを店で使わずに客に自分からATMを操作させています。
「無理やり払わせたのではなく客の意思で支払ったのですよ」
という言い訳のための方法ではないかと思われます。

20万円から30万円というのも巧妙です。
あまり高額だと弁護士に頼んで回収しようとするからです。
被害者が泣き寝入りしやすい価格設定というのも
悪いことをよく考えた犯罪だと言えます。

マッチングアプリは女性の場合、男性が既婚者だったり。
高額商品を買わせたり、仲良くなってからお金をせびったりするそうです。

真面目な人を食い物にする悪いことをするというのは嘆かわしいことです。
16人も逮捕されるのですから、相当大きな組織犯罪です。

神奈川や池袋など他の繁華街でも事件になっています。
氷山の一角かもしれません。


行政書士えのもと事務所をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。