コラム

ネット時代の相続

ネットバンクやネット証券、手数料が安くて早くて便利ですね。
ところが、もしも相続手続きが起こった時、これはなかなかやっかいな問題になるようです。
と言いますのは、亡くなった時に紙の通帳があれば、金融機関に問い合わせが簡単ですが
ネットバンクやネット証券ですと、ご家族は口座があるのかないのかわかりません。
むしろ気がつかないかもしれません。

まず、パソコンやスマホを暗証番号で開かなければなりません。
各口座ごとにパスワード、ワンタイムパスワード。
さらに個人のセキュリティカードとの照合などがあるのです。

ネット料金、アマゾンプライム、ネットフリックスなど解約しなければ
ほおっていいたらどんどん利用料がかかってしまいます。

便利さと裏腹に、残された家族は大変な労力が必要な時代になってきました。
残された家族のために、いろんなことがわかるようにしておいた方がいいかもしれません。


行政書士えのもと事務所をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。